FC2ブログ
明日は良い日 ~Hope For Tomorrow!~
キュアラブリー「世界に広がるビッグな愛! 現れろ《No.11 ビッグ・アイ》!」
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊戯王GXへ、現実より:外伝のような思いつき 2
外伝 第44話「安穏」からしばらく経ったある日のこと


ふと思いついた小話Part2です。
安穏のあるシーンの流れを汲む、ある平和な一時のこと。




 デュエルアカデミアがどこに存在しているのか、これに関してはもはや説明の必要もないことだろう。
 国としては日本であるもののその所在地は海の真ん中であり、人里離れたどころか周囲には人っ子一人いない孤島こそがデュエルアカデミアの造られた場所である。
 何故海馬さんがこの場所を選んだのかは定かではないが、ともあれデュエルアカデミアに通う生徒たちは半ば強制的に島の中での離島生活を余儀なくされる。
 とはいえ別にサバイバルが必須になるというわけではない。あくまで離れたというのは距離の問題であり、何も文化レベルまで本土と隔絶したわけではないのである。
 生活必需品やある程度の嗜好品は定期的に島へと運ばれ、それは学生にも無理のない値段で購買から購入することが出来る。
 少年少女らが離島で身を寄せ合い暮らしている、と文字に起こせばいかにも切羽詰った様子であるが、実際には本土とさして変わらないほどに生徒たちは島の生活を謳歌しているのだった。
 とはいえ、やはりある程度の差というものは存在する。たとえばケーキ類などの生菓子は傷むのも早くどうしても貴重になりがちであるし、供給は定期便によるものであるために欲しいものがあっても入手までにタイムラグが出来たりもする。
 あくまでも、さして変わらないというレベルなのであり、まったく変わらないというわけではないのだった。
 もちろん今挙げた二つのこと以外にも不便な点は存在する。
 たとえば未成年の学生であるからこそこの島の中では決して手に入らない物品が挙げられる。タバコやお酒といった成年者対象の嗜好品はその最たるものだろう。
 もっとも、それらは別にどうでもいい。俺もそうだが仲間内にもそういったものを嗜む奴はいないからだ。未成年である以上は当然のことだが。

 だが、だがしかし。未成年であっても決して譲れないものがあるのが男の世界である。
 まして俺たちは高校生。当然、様々なものを抱え込むものであり、特に異性に関する事柄はその中でもより顕著に意識をするものだ。

 そして、とかく男は下世話な方向にそういった感情を持っていくのが得意だ。下世話……要するに下ネタである。

 男ならばある程度は大っぴらに下ネタトークをするなど当たり前だ。俺にも覚えがある。
 なので、俺は今こうして三沢と翔を前にしているわけである。手に薄いプラスチックケースを持って。
 その正体は、もちろん例のアレ。

「ここに一本のAVがあるじゃろ?」
「さすがだよ、遠也くん!」
「お前ならやってくれると信じていたぞ、遠也!」

 よせやい、照れるぜ。
 二人から向けられる掛け値なしの賞賛の声に、俺は誇らしげに胸を張った。
 この学園に通う男子ならば誰もが知っている。こういった物品の入手のしづらさを。外部に出て行く時が長期の休みぐらいしかないうえ、基本俺たちは未成年。とてもではないが入手することなど出来ないのである。
 だが、俺は例外だ。なにせ現在の高等部二年生時点で年齢は十八。そう、ギリギリでこういったものに手が出せるのだ!
 この利点を余すことなく利用し、俺は先日の修学旅行の際にマナの目を盗んでこういったブツを手に入れていた。
 他の同級生たちにはできない所業である。そして見事にそれを成し遂げた自信が俺に誇らしさを感じさせてくれる。
 と、悦に浸っている俺に、気がつけば三沢が心配げな目を向けていた。

「……しかし、大丈夫なのか? この間、マナに見つかったばかりだったが……」

 三沢の言葉に、翔が「え、そうなの?」と驚きを顔に出す。
 そうなのである。修学旅行に行く前に俺はこっそり三沢と約束していたのである。そういったブツを手に入れてくると。
 男と男の約束だ。無論俺は守ったさ。
 だがしかし、だ。肝心のそれを受け渡す場にマナがやってきてしまった。一応俺しか部屋にいない時を見計らって落ち合ったのだが、二人で話すことに夢中になってしまってマナが戻っていたことに気がつかなかったのである。ガッデム。
 結果、ブツはマナの手に渡りそのままいずこかへと消えた。三沢は当然手にすることが叶わず、俺は俺でマナに嫉妬混じりのお説教を受けた。まぁ、マナも本気で怒っているわけではなかったが、それでもやはり気に入らないものは気に入らないらしかった。
 とまぁそんな失敗があったわけなのだが、マナもまだまだ甘い。いや、俺が一枚上手だったというだけか。

 ――そう、俺はなんと二枚買っていたのである!

 そして今いる場所は俺の部屋ではなく、なんと十代の部屋だ。俺以上にデュエル馬鹿であるがゆえにこういった方面の話題に全くのぼらない十代の部屋で、こうなっているとはまさか思うまい。よってバレる心配はない。
 ちなみに部屋の主である十代はこの場にいない。留守を守る代わりに部屋を使わせてくれと頼んだからだ。もちろんあいつは快くOKしてくれた。持つべきものは友達である。

 ともあれそういうわけで。

「問題ないさ」

 自信たっぷりに俺は三沢に返す。
 その心からの言葉に三沢も安心したのだろう。ほっと一息つくと笑顔を取り戻して頷いた。

「そうか、なら安心だ。あの時は肝が冷えたからな。汗も冷えたが」
「安心しろ。ここは十代の部屋だぞ。マナが来るわけがない」
「そうだね。兄貴はこういう話題になかなか乗ってこないから。遠也くん、ナイス!」
「ふぅん。当然だ」

 ことエロに関して男はどこまでも本気になれるものだ。
 そして男がエロくなければ人類は滅びる。ゆえに男がエロいのは仕方がない。
 だから俺は胸を張るのだ。そう、これは自然の摂理なのだ!
 ここにはマナがおらず、更に気心の知れた男友達しかいない。誰に憚ることもなくオープンにエロを出せるとは何と気持ちいいのか。もう何も怖くない!

「ねぇ、遠也」
「ん、なんだ?」
「サッカーしようよ。遠也がボールで私が選手ね」

 どういう……ことだ……(困惑)

 聞き覚えのある声に俺は動揺を露わにする。そしていつの間にかスッと距離を置いている男二人。お前ら、もう絶対AV貸さないからな。
 いや、それよりも今は俺の背後に立つ鬼神のごとき少女をどうにかしないと。でないと俺が危ない。

「……その、つかぬことをお聞きしますが」
「うん」
「……なんでいるの?」
「この島ってデュエリストが沢山いるでしょ?」
「お、おう」
「そのぶん精霊も沢山いてね。精霊も噂話って結構好きなんだよ?」
「そ、そうなんだ……」

 怖すぎィ!
 なにその精霊ネットワーク!? つまりどんな情報も口コミでマナに筒抜けだと!?
 そんな馬鹿な!

「遠也、今まで精霊が近くにいても気にしてなかったでしょ? それがアダになったね」

 く……! 確かにここは俺の至らなさが敗因だろう。まさかそんな方法でマナが俺の動向を知るとは想像も出来なかった。
 だが、俺も一人の男。ここで引いては男が廃るというものだろう――!!

「マナ!」
「なに?」
「デュエルだ! デュエルで俺が勝ったらこのAVの所持を許してください!」
「……卑屈なのか強気なのかよくわからないなぁ、もう。でも遠也には私がいるのに、なんでそういうものがいるの?」

 そう言うマナの顔は怒りよりも呆れや疑問が強いように思えた。
 どうやら純粋に俺がムキになる理由がわからないからこその言葉のようだ。
 ならば、俺もその疑問に真摯に答えよう。

「それはそれ、これはこれ」

 マナの口元がひくっと引きつった。
 あ、これアカンやつや。

「……別に、それ自体を悪く言うつもりはないんだよ? けど、ね」

 けど、なんだよ?

「遠也の態度が気に入らない」

 やはり開き直ったのはまずかったか……。
 にっこり笑うマナの顔を見ながら、俺は今更ながらに素直な自分を後悔するのだった。







 ちなみにその後行われた俺たちのデュエルだが……内容については割愛しておこう。
 何故なら俺が一方的にボコられて終わりという、一つもいいところのない終わり方だったからである。

 どんな感じだったかというと、こんな感じ。


「――シンクロ召喚! 飛翔せよ、《スターダスト・ドラゴン》!」
「ジャンク・ウォリアーにハイパー・ライブラリアンにスターダスト・ドラゴン……」
「すごいぞー! かっこいいぞー! 次のターンを覚悟するがいいマナ! ターンエンド!」
「じゃあ私のターンね。手札から《お注射天使リリー》を召喚。スターダストに攻撃。そのダメージ計算時にライフを2000払って攻撃力を3000ポイントアップ。スターダストを撃破」
「いきなりか……! だがまだまだ――」
「《ディメンション・マジック》。お注射天使リリーをリリースして手札からブラック・マジシャンを特殊召喚。更にディメンション・マジックの追加効果でライブラリアンを破壊」
「ま、まだまだ――」
「ブラック・マジシャンでジャンク・ウォリアーに攻撃。更に攻撃が終わったタイミングで速攻魔法《光と闇の洗礼》を発動」
「えっ」
「ブラック・マジシャンをリリースして《混沌の黒魔術師》をデッキから特殊召喚。混沌の黒魔術師の効果発動。このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、墓地の魔法カードを回収できる。《ディメンション・マジック》を手札に」
「ちょ、ま」
「混沌の黒魔術師で遠也にダイレクトアタック。更に速攻魔法《ディメンション・マジック》。混沌の黒魔術師をリリースして《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚。遠也に攻撃。《黒魔導爆裂破》。ありがとうございました」
「いやいやいやいやいや! 今のワンサイドゲームはひどいだろ! それに混沌の黒魔術師って禁止――」
「ん?」
「いやだから」
「ん?」
「その……」
「ん?」
「……あ、ありがとうございました……」
「うん」



 以上がデュエルの顛末である。これはひどい。
 その後、俺の手にあった例のアレは当然のようにボッシュートされた。デュエルに負けた以上は仕方がないことだ。俺も涙を呑んで受け入れた。
 しかし、これで手持ちのブツは全て無くなってしまったことになる。ということは、つまり精霊ネットワークに引っかからずにまた手に入れるしかないわけだ。

 道は険しいが、しかし。――やるしかないんだ。

 俺は声には出さずに胸の内で、そっと決意を固めるのであった。






スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
あとがき
ふと思いついたお話第二弾です。
まさかあの44話のシーンに続きがあったとは誰も思うまい……。

それにしても混黒はやはり魔法使い族の切り札の名に恥じない性能ですね。
少しは恥じていれば制限に留まっていたかもしれないのが残念です。

リアルでの暇を見つけてこっそり書いたものなので短い上にちょっとテンションが本編と違うかもしれませんが、お気になさらず。

お気軽に読んでもらえればと思います。

それでは!
2013/10/25(金) 23:17:58 | URL | 葦束良日 #pU0LBAj6 [ 編集 ]
諦めを知らないって、オソロシイデスネ
2013/10/26(土) 01:13:38 | URL | 名無しの閲覧者 #- [ 編集 ]
遠也、ムチャシヤガッテ
2013/10/26(土) 08:12:40 | URL | 名無しの閲覧者 #- [ 編集 ]
「それはそれ、これはこれ」
なぜその場面でこの言葉を選んだし。完全に死にに行ってるぞ遠也……。

精霊、見れない人間ばかりだけどいますもんね。万丈目の所なんか低レベルモンスターの精霊がわんさかいるし。

ついでに水色髪の雷使いのネタを混ぜるな遠也。「お注射天使リリー」のシュールさは異常。ビッグ5のサイコ・ショッカーが使った時の事は忘れない。
2013/10/26(土) 08:28:32 | URL | 元鉄 #yjwl.vYI [ 編集 ]
みました!!
更新お疲れ様でした。今回の内容は最初から笑いが止まらなかったです。まさか、外伝があるとは思わなかったですwwまあ、今回は主人公に問わず男なら思わずやってしまいそうですが、せっかく準備してバッチリだとのにマナさんのほうが1枚上手だったwwそして精霊のほうにも筒抜けwwこれは難しい汗)この包囲網どうしろと・・。

そういえば・・2014年にカイザーのカードのサイバネティック・フュージョン・サポートが出るみたいですね・・・。自分としては思わずヨッシャーっとテンションが上がりましたwwこのカードも含めカイザーのカードは好きなので嬉しい内容でした。他にも結構いいカードが出るのでワクワクが止まらないです


長くなりましたが面白かったです。ガッチャ!
2013/10/26(土) 11:04:36 | URL | nano #- [ 編集 ]
番外の更新お疲れ様です。

とりあえず思ったのは遠也がAVを見れないのは別にいいんですが
年齢的にアウトですけど三沢に渡す分には目をつむってほしいという事ですね。

遠也も渡すだけ渡して逃げればよかったのにと思いつつ、次回の更新も楽しみにしてます。
2013/10/26(土) 11:50:05 | URL | WAP #- [ 編集 ]
 番外お疲れ様です。
 44話の後ということはジェネックスの最中もしくは終了後……? もし、最中だったら、
だ か ら ク リ ア マ イ ン ド に 辿 り 着 け な い ん た お 前 は。

 遠也LP:4000→3100→2900→100→0
 鉄壁にさせてもすぐとどめを刺すマナはまるで遊星さんのようだ。
2013/10/26(土) 19:52:36 | URL | 手伝 #- [ 編集 ]
更新お疲れさまです

遠也でサッカーにツボりました(笑)
マナさん容赦なさすぎです…
2013/10/27(日) 14:02:53 | URL | 雨傘 #- [ 編集 ]
最初から最後まで楽しく読ませていただきました。
「それはそれ、これはこれ」
遠也、完全に火に油をさしましたね。
そして恐るべし、精霊ネットワーク。そういえば沢山いましたね、あの島。

更新お疲れさまでした!次回も楽しみにしています。
2013/10/27(日) 23:09:08 | URL | Y.H #- [ 編集 ]
読ませていただきました
そういや揃いも揃って全員思春期でしたっけ
そりゃあんな島じゃ手に入らないわw
いや宅配ワンチャン…いや、ネットワークに引っかかる可能性が高いか…敵はパラドックスや破滅の光より手強いですねw

シャークさんパック買ってざっと見たわした結果
「バハムート中心にしよ」
という結論に至りました。レベルのバラつき具合が本当にひどい。リバイスが足りないorz
それでは
2013/10/28(月) 07:18:13 | URL | 野球男 #- [ 編集 ]
思春期の男の子ですからねえ……。
十代みたいにデュエルしてればそれで幸せ、みたいな変わり種ならともかく、普通の男子にはきつそうです。
入学時に本土から持ち込まれた、数少ないブツを男子全員でローテーションしてたりするのかなあ。

DP神代兄妹編からサラッとハブられたシャークドレイクさんは泣いても良いと思うんです。
2013/10/28(月) 09:38:57 | URL | shun #3E62YKlc [ 編集 ]
遠也がAVを手に入れるときは前払いかつ三沢か翔の名前で頼むしかないな。
2013/10/28(月) 19:14:32 | URL | クリティウス #- [ 編集 ]
RES
>名無しの閲覧者さん
ある意味男らしいですよね!
決して真似はしませんが。

>名無しの閲覧者さん
男にはきっと、退けないときがあるのでしょうね……。

>元鉄さん
遠也さんはちょっと素直に言いすぎましたね。
精霊があれだけいる以上、口コミの情報網は馬鹿にならない気がします。
それがこういう結果に繋がってしまったわけですね。遠也的には残念なことにw
??「検診のお時間だぁ!」

>nanoさん
遠也はどうやってもエロを叶えられなかったというオチですw
精霊の数的に今後もきっと無理でしょう。
サイバー強化には驚きましたね。この調子で色々な過去テーマを救済してほしいなーと思います。

>WAPさん
やはり男同士で気兼ねなくエロトークをしたかったのでしょう。
それゆえ渡してハイ終わりとはいかなかったのでしょうね……。

>手伝さん
ごもっともでw
そして鉄壁だろうと関係なく一瞬で終わらせたマナ。本気を出せばマナも強いんです、うん。

>雨傘さん
「サッカーしようぜ!お前ボールな!」
マナもちょっとイラッときていたみたいです^^;

>Y.Hさん
ちょっと本音が出てしまいましたね。
あの島にはかなりの精霊がいますから、今後も隠すのは難しいことでしょうね……。

>野球男さん
さすがにそんなブツは島の中にはないでしょうからね。入手手段はだいぶ限られそうです。
シャークさんデッキは今の状態でようやくデッキが組める段階になりましたからね^^;
もう少し優遇してあげてもよかったと思いますけどねー。

>shunさん
あの島での男子学生事情を想像するのは意外と楽しいです。
あの年頃の男はくだらないことに全力投球だったりするので、きっと色々と手を回しているんでしょうねー。
神代……ナンバーズ……ドレイク……うっ頭が。

>クリティウスさん
そしていずれ遠也にも渡り、マナに見つかって折檻までがワンセットなんでしょうねw
2013/10/29(火) 02:26:54 | URL | 葦束良日 #pU0LBAj6 [ 編集 ]
…この名前であってましたっけ←
ふと思ったのですが、ここで禁止カード使ったってことはDDB使われても文句を言えなくなるってことですかね?
これで勝てるよ!やったね!←
2013/10/30(水) 16:50:58 | URL | ユベル大好き #zgc6KSbI [ 編集 ]
遠也ェ・・・。
遠也がそういう類のものを所持するのはほぼ不可能。
だがBMGの同人誌ならワンチャン・・・!
これだ!これならマナもなにも言えんはず!
2013/10/31(木) 20:28:12 | URL | THEアトモスフィア #- [ 編集 ]
BMGの同人誌は、私も考えたけれど、
それは、別の怒り方するだけではなかろうか。

というか、より激しい怒りを買いそうな……
2013/11/01(金) 22:45:41 | URL | 科蚊化 #9ODPgEpw [ 編集 ]
お久しぶりです。YBFです。
なんか色々乗り遅れてて、少しショックを受けつつ、ちゃんと確認しなきゃと気を引き締め直しました。今度は更新日に見るぞ!(決意
それにしても遠也さんや……マナいるんだから自重しましょうや……
それにしても、そういうブツって普通見るもんなんですかね? 創作上では男子はそういうブツを持ってたりするんですけど、自分ってそういうのやった事ないなあ、ってふと思いました。
……あれ、遊戯王関係ない話題になってる……?
2013/11/02(土) 22:39:42 | URL | YBF #yl2HcnkM [ 編集 ]
RES
>ユベル大好きさん
遠也がDDBを使い、マナが混黒を使う……。
意図したわけではありませんが、外伝では一枚は禁止カードが使用されていますね^^

>THEアトモスフィアさん
同人誌、そういうのもあるのか!
けれど、遠也はきっとこう言うでしょう。
「本人が目の前にいるからいいや」と。
なので彼にとっては普通のAVとかのほうが魅力的なんでしょうねー。

>科蚊化さん
遠也的には本人と触れ合えるのだから同人誌は必要ないでしょうねー。

>YBFさん
遠也はマナという相手がいるからこそ、たまにそういうものも恋しくなるようです。自重しろ。
皆で見る、というよりは回し貸しといった感じですかね。今回も三沢に渡して、その後翔に渡される予定でした。
2013/11/04(月) 23:37:21 | URL | 葦束良日 #pU0LBAj6 [ 編集 ]
更新お疲れ様ですw

・・・一度やったら懲りろよw遠也よw
まぁ、男の性なのだろうけど

自慰しないで溜めると腐るとかとある番組で言われてからAVとか見るようにしたけど盛り上がる前に賢者タイムになる自分。

そして余談ですが・・・ 遊☆戯☆王ゼアル 激突!デュエルカーニバル!の公式サイトの小鳥のセリフに代行者とクリスティアの召喚条件言ってるのがww
2013/11/14(木) 22:27:11 | URL | ジェネティック #GJzF38Bw [ 編集 ]
RES
>ジェネティックさん
ことエロに関してなら妥協しないのが彼という人間なのです。皆本遠也は諦めない!
小鳥ちゃんの代行天使はいいチョイスですよねwあのノリは完全にTFのスタッフが関わっているだろと思いました^^
2013/11/15(金) 01:48:16 | URL | 葦束良日 #pU0LBAj6 [ 編集 ]
今更ですけど、マナにAVのシチュとかコスプレしてもらえば解決じゃね? マナの羞恥心天元突破しますけど、余程の物でなければしてくれそうな気がする(元の服が服だし)。まあ違う事しなくてもハイスペックですが。魔道服、アカデミアの制服、私服、メイド服(条件あり)と。
2013/11/27(水) 21:45:11 | URL | 元鉄 #yjwl.vYI [ 編集 ]
>元鉄さん
遠也にしてみればそもそもがコスプレに見えなくもない件については密に、密に。
なるべくあけっぴろげな表現はしないように心掛けているのでそういう描写こそしないですが、確かにやってくれそうではありますよねw
2013/11/29(金) 23:59:48 | URL | 葦束良日 #pU0LBAj6 [ 編集 ]
これはひどいw
2014/01/08(水) 18:30:04 | URL | aido #- [ 編集 ]
>aidoさん
男の性ですので、どうかお許しをw
2014/01/30(木) 22:06:08 | URL | 葦束良日 #pU0LBAj6 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。